これって浮気の兆候?

旦那の浮気の見破り方を徹底解説☆

出会い系サイトにはまってしまった妻

      2016/01/07

妻の浮気に気付き始めたのは結婚して1年目ぐらいのことでした。

僕よりも5つ年下の妻は外見が可愛く、男性からよくモテていました。

交際している時も僕が嫉妬をしてしまうことが多くありました。

 

付き合っている時は浮気など疑ったことはありません。

僕の中では、結婚することで妻は僕のものになるから浮気などありえないだろうと強く思っていました。

妻の浮気に気がついたのは、ケータイ画面をたまたま見てしまったからです。

 

浮気調査でケータイをチェックする人は多いと聞きますが、浮気調査のためにプライバシーを侵害してしまうなんて僕には出来ないと感じていました。

しかし、ケータイ画面を見てしまったその日から、妻の浮気疑惑が生まれてしまったのです。

妻のケータイを再びチェックし始めました。

浮気をしているかしていないか確信するための調査を始めるようになりました。

 

すると妻のケータイには出会い系サイトの画面が表示されたのです。

まさか…と思い、クリックすると妻は独身女性になりすまし、男性とやり取りをしていました。

そのやり取りの内容は濃い文章が綴られていました。

 

実際に会って身体の関係にまで発展している文章が残されていました。

妻に問いただしても、「浮気はしていない」と言い張ります。

ケータイを見て調査したことを告げても「知らない」の一点張りです。

 

私は妻の浮気をハッキリさせるため、危険な調査を始めることを決意しました。

その浮気調査の内容は、自分も出会い系サイトに登録し、妻の好みそうな男性になりすまし、妻をおびき出すという内容です。

 

こんな調査はしたくはありませんでしたが、嘘をつかれたままの状態は嫌だったのです。

調査を始めて3日目で妻はまんまとひっかかりました。

妻は「かっこいいですね。会ってみたいです。」と僕を誘い始めました。

僕は「貴女も可愛いです。他に男がいるのではないのですか?」と聞きました。

「男の人とは交流が全くなくて。だから身体の方も男を知らないんですよ。教えてくれませんか?」と衝撃的な返信がありました。

 

調査を成功させるため、ぐっと堪え、妻と会うことにしました。

待ち合わせ場所には妻の姿がありました。

私は妻に詰め寄り、今までの浮気調査の内容を説明しました。

これには妻も認めざるえません。

 

しかし、逆切れした妻は「色んな男に可愛いって言ってもらえないと納得できないの!」と開き直ってしまいました。

その浮気から半年が経ち、私と妻はまだ結婚生活を続けています。

あれから浮気調査をすることは止めました。

今では毎日、「可愛いね」と妻に言い聞かせています。

>>浮気サインの見つけ方はこちらを参考にしてみて下さい

オススメの探偵社

総合探偵社TS

私が利用した探偵社です。自信をもってオススメできます。

幅広い調査方法を揃えていること・スタッフの対応力・復縁サポートや弁護士紹介といったアフターサービスの充実度良心的な明朗会計全国対応時間対応といった点で(私が調べた中で)最もよかったのがこちらの探偵社でした。

 

探偵社選びに迷ったら、絶対にここがオススメです。

原一探偵事務所

私がTS社と比較したのが原一探偵事務所でした。
(こちらも評判通りとても信頼できる探偵社です)

スパイ映画なのか!?とびっくりするような尾行調査用のツールも多数揃えられており、調査方法・調査力という観点では日本トップクラスの探偵社だと思います。私は(金額が少し高かったこともあり)総合的に判断して総合探偵社TSにしましたが、原一探偵事務所も十分に信頼できる探偵社です。
 

原一探偵事務所の場合には匿名相談(メール相談の場合)にも対応していますので、本名で相談をすることに抵抗を感じる場合には原一探偵事務所の方がいいかもしれません。

探偵探しのタントくん

探偵さがしのタントくんは、自分で探偵社を探して比較するのが面倒だと感じる方に最適な探偵社です。

口コミでも、「そもそも何をすればいいのか?」から無料相談できて丁寧に対応して頂けると評判ですが、実際に相談をして本当に対応力が高い(しっかりと話を聞いてくれてアドバイスしてくれました)探偵社だと感じました。

こちらで紹介して頂いたのは あまり有名ではない探偵社でしたが、とても信頼できるところでした。全国大手の探偵社にこだわらない方でしたらタントくんで紹介してもらう小規模の探偵社を利用したほうが費用を抑えられる可能性があります。

また探偵さがしのタントくんも匿名相談に対応していますので、実名を伝えずに相談したい人にも向いています。

 - 男性がした浮気調査体験記