これって浮気の兆候?

旦那の浮気の見破り方を徹底解説☆

単身赴任の夫に浮気の疑いが浮上

      2016/01/07

昨年夫が地方に転勤になりました。

私としては家族揃って一緒について行きたい気持ちはあったのですが、子供の教育問題があり、夫婦で話し合った結果、夫だけ単身赴任することになりました。

夫は炊事も洗濯も大好きで、家にいても積極的にやってくれる人なので、一人でも何不自由なく暮らせると言っていましたし、私も全く心配はしていませんでしたし、まさか浮気なんてありえないと思っていました。

むしろ、久々の一人暮らしを喜んでいる風でしたので、私としてもたまに会うともっと仲良くなれるかなあと期待していました。

夫は月に二度家に帰ってきて、それはそれは家族がとても親密になり、いつも以上に絆が生まれました。

ところが一年が経過した頃から月に二度の帰省が月に一度になり、二か月に一度になり、という具合に徐々に減っていたのです。その時もまだ浮気のことは頭をよぎりませんでした。

夫がいうには「仕事が忙しくて、なかなか帰れない」とのことでしたので、私としても仕事なら仕方ないと思っていたのです。

そんな時、子どもが夏休みにクラブの合宿で一週間ほど出かけることになりました。世話をする必要がなくなった私はサプライズで夫に会いに行きました。

合鍵を持っていてので家に入ると、やはりきれいにしています。何気なく家の中を見ていると、あれ?と思うことがいくつかありました。この時は「浮気」という言葉が浮かびましたが、すぐにまさかねと否定しました。

だけど、浮気の兆候は確実なものになりました。まず、タオルの畳み方が違うのです。我が家は横に二度畳むという方法ですが、そこにあったのは縦に畳んだあと横に畳むというものでした。次に冷蔵庫を開けると、そこには納豆がありました。夫は納豆が嫌いで、私が食べていても臭いからと逃げてしまいます。浮気相手が食べている姿が目に浮かびました。そして、極めつけが模様入りのトイレットペーパーです。一人暮らしの中年男が模様入りのトイレットペーパーなんて絶対に買わない、これはどう考えても浮気している、と確信しました。

その日は、私はタオルを全て我が家風に畳みかえ、納豆を捨て、トイレットペーパーを白いものに買い換えて取り付け直しました。

その夜、私は夫を出迎え、浮気についてはあえて触れませんでした。夫は私を見て一瞬慌てましたが「連絡くれれば休みをとったのに」と言いました。もちろん、タオル、トイレットペーパーが変わり、納豆がなくなっていたことに夫は気づいていました。

浮気を確信しながら何も言われない、これこそ本当に恐ろしいことなのだと夫は思っているはずです。私は帰り際に「またサプライズするから」と言いました。夫の行動次第では離婚も視野に入れています。

旦那さんの浮気の兆候はこちらがとても参考になりますよ。

オススメの探偵社

総合探偵社TS

私が利用した探偵社です。自信をもってオススメできます。

幅広い調査方法を揃えていること・スタッフの対応力・復縁サポートや弁護士紹介といったアフターサービスの充実度良心的な明朗会計全国対応時間対応といった点で(私が調べた中で)最もよかったのがこちらの探偵社でした。

 

探偵社選びに迷ったら、絶対にここがオススメです。

原一探偵事務所

私がTS社と比較したのが原一探偵事務所でした。
(こちらも評判通りとても信頼できる探偵社です)

スパイ映画なのか!?とびっくりするような尾行調査用のツールも多数揃えられており、調査方法・調査力という観点では日本トップクラスの探偵社だと思います。私は(金額が少し高かったこともあり)総合的に判断して総合探偵社TSにしましたが、原一探偵事務所も十分に信頼できる探偵社です。
 

原一探偵事務所の場合には匿名相談(メール相談の場合)にも対応していますので、本名で相談をすることに抵抗を感じる場合には原一探偵事務所の方がいいかもしれません。

探偵探しのタントくん

探偵さがしのタントくんは、自分で探偵社を探して比較するのが面倒だと感じる方に最適な探偵社です。

口コミでも、「そもそも何をすればいいのか?」から無料相談できて丁寧に対応して頂けると評判ですが、実際に相談をして本当に対応力が高い(しっかりと話を聞いてくれてアドバイスしてくれました)探偵社だと感じました。

こちらで紹介して頂いたのは あまり有名ではない探偵社でしたが、とても信頼できるところでした。全国大手の探偵社にこだわらない方でしたらタントくんで紹介してもらう小規模の探偵社を利用したほうが費用を抑えられる可能性があります。

また探偵さがしのタントくんも匿名相談に対応していますので、実名を伝えずに相談したい人にも向いています。

 - まだある浮気調査体験記!